株式会社 発酵食品愛好会

コンセプト

黒砂糖と果実類、根菜類、穀類、豆類、海藻類など全部で53種類以上の植物を素材として作られる、 植物発酵食品です。

通常の発酵食品は、単一の素材を発酵させて作りますが、複数の素材を一緒に発酵させるためには、 高い技術が必要とされるのです。

四万十川

万田酵素の10の特徴

万田酵素の安全性

― 製品の安全性 ―

万田酵素は製造管理を徹底し、下記の工程を行っております。

  • ・原料の育成栽培記録
  • ・樽ごとにキーサンプル保管
  • ・GMP基準に沿った製造記録
     (トレーサビリティ対応)
  • ・自社規定一般理化学試験
  • ・専門機関による最終分析
     (残留農薬、重金属等)

― 製造に関する安全性 ―

原料の調達から製造・出荷まで国内で一貫生産しておりますので、安全に皆様に元へお届けしております。

JAOT 日本統合医療学会

JACT認定委員会において、原材料の供給体制や製造方法の品質をはじめ、生理的効果の基礎研究や臨床実験データ、食品としての安全性などについて

万田酵素のアミノ酸含有

アスパラギン酸 410(193)
アンモニアを体外に出す。スタミナをつけ、ミネラルを運ぶ。
グルタミン酸 300(88)
昆布のうまみ成分として調味料に広く使用されている。生体内では脳内での含量が高く、神経情報伝達に関与。
ロイシン 120(83)
必須アミノ酸。筋肉をつくる、疲労を抑えるといわれている。
アラニン 100(35)
とうもろこしタンパク質などに多く含まれる。
バリン 100(65)
必須アミノ酸。ロイシン同様、筋肉をつくる、疲労を抑えるといわれている。
プロリン 95(47)
穀物たんぱく質等に含まれる。
セリン 72(66)
菌糸類にあるアミノ酸。生体内での他のアミノ酸やヘモグロビンなどの原料として重要。
リジン 71(73)
必須アミノ酸。抗体、ホルモン、酵素を作る。生体の成長や修復に関与する。
イソロイシン 70(54)
バリン・ロイシンとともに、筋肉で代謝される分岐鎖アミノ酸(BCAA;branched chain amino acid)であり、筋肉のエネルギー代謝に関与。
アルギニン 64(56)
免疫機能の向上、脂肪代謝の促進など、生体内での種々の機能に関与。
グリシン 64(36)
生体内の重要な物質の原料となっており、記憶力、エイジングケアにいいと言われている。
チロシン 63(48)
甲状腺ホルモン、脳内の神経伝達物質の原料であり、感情や精神機能の調節に関与。
皮膚や髪の黒色色素であるメラニンの原料。
スレオニン 60(48)
必須アミノ酸。脂機能を高める、成長を促すといわれている。
ヒスチジン 58(28)
成人では、非必須。幼児では必須アミノ酸。成長促進、神経の働きに関与。
フェニールアラニン 46(49)
必須アミノ酸。神経機能への作用が期待されている。
メチオニン 31(24)
必須アミノ酸。脂質代謝、肝機能の維持に重要であり、食品中に不足しやすい。
命どう宝
万田酵素分包
万田酵素粒

フリーダイアル 0120-850-151

お問い合わせはこちら